看板

宣伝効果が期待出来る

案内

オリジナルの手提げ袋を制作してお客様にお渡しする事で、動く宣伝広告となってもらえます。また、デザイン性が高ければ、ラッピングとしても効果的ですし、再利用する確立も高まるので、引き続き宣伝効果が得られます。

詳細を確認する...

店舗の差別化を図れる

オペレーター

のぼりは店舗の前に置く事によって店舗のメニューやサービスが人目で分かるようになります。注目度が高ければ宣伝効果もありますし、目印としても活用出来ます。使い方は色々ですので、企業戦略に合わせて有効活用しましょう。

詳細を確認する...

双方にメリットがある

案内

ポリ袋を販売しているメーカーから購入するのもありですが、オリジナルのポリ袋を製作して配るのも良い方法です。お客様には持ち運びが楽になり、店舗的には宣伝効果が得られます。

詳細を確認する...

材質による違い

オペレーター

看板やのぼりは店舗外にいるユーザーに対して効力を発揮します。店舗の存在を示し、行われている内容やサービスを記載出来れば宣伝効果があるでしょう。この二つは店舗側の意思をお客様に対して情報を共有するアイテムとなっているので、撤去するのも買い変えるのも自由自在です。ポリ袋や手提げ袋といったアイテムは、お客様的には入れ物を入れてもらえる上に別の用途でも使用出来るので嬉しいですが、企業側としては宣伝広告となりますので双方にメリットがあります。互いにとって良い効果がありますので、ポリ袋や手提げ袋などのオリジナルアイテムを提供した方が効果が高いのです。販売業をしているのであれば導入を検討してみましょう。

オリジナルの手提げ袋を製作する際に、材質選びがポイントとなります。良く使われる材質は二つあり紙か不織布です。紙の場合は、透明感がないので袋の中身が透けて見える可能性がほとんどなく、ビニール加工のように加工すれば強度もアップ出来ます。持ち手の部分に工夫をする事でトータルデザインのクオリティーもアップしやすく、店舗オリジナルの手提げ袋を作りやすいです。印刷物との相性も良いので、宣伝効果などを高めたい場合には紙を選択しましょう。
不織布のメリットは低価格で大量生産が可能な事です。不織布は下手な布地よりも耐久力があり、一定方向から力を加えてもその方向に綺麗に破れない頑丈さがあります。通気性も非常に良いですので、温度管理がしやすく、水に濡れても特に問題ありません。天候が変わりやすい地域でも気にせずに使用出来るのが強みです。トートバックとの相性が良く、折りたたみも簡単に出来て持ち運帯が容易ですので、いざという時のためにカバンに忍ばせておくと便利なアイテムです。
手提げ袋の材質にはこのような効果がありますので、特性と企業戦略を合わせて検討しましょう。